【WEBディレクション講座vol.0】WEBディレクターってどんな職業なの?

マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

エンタメ×ITの間で生きる私ですが、
具体的には何をしているのかというと、”WEBディレクター”というお仕事をしております。

ざっくり説明するとサイト作りを中心にWEBの立場からアーティストさんのお手伝いをさせて頂いているのですが、
たまには、エンタメに寄らず、そんな”WEBディレクター”のお仕事について書きたいと思います。

WEBディレクター”…
なんかアルファベットとカタカナだけで、おしゃれな感じがしなくもないですが…

その実態は如何に?!と言うことで、
WEBディレクターと言う仕事に職種に興味のある方の参考になればと思います!

スポンサーリンク


WEBデイレクター とは?

WEBディレクターとは、
簡単に説明すると、読んで字の如く

”WEB””direction(製作指導、進行管理)” するお仕事です。

例えば、WEBサイトを1つ立ち上げるのにも、
WEBデザイナーなど様々など役職の人がサイトの製作に携わります。

クライアントの課題を把握し、
要件に沿ったWEBサイトを作成するために、
WEBサイトの作成に携わる様々な役職のメンバーを取りまとめ、
管理、進行をする…そんな役割を持ったお仕事がこのWEBディレクターになります。

ざっくりとした概要はこんな感じです!

ここで概要を掴んだところで、
もっと具体的にWEBディレクターというお仕事を掘り下げてみたいと思います!

WEBサイト製作に携わる役職とは?

前述の通り、WEBサイト製作には複数の役職が携わります。
ここではその主となる二つの役職を紹介します。

WEBディレクター以外に、
主にWEBサイト製作に関わるのが、この二つの役職、
WEBデザイナー”と”コーダー”です。

WEBデザイナーとは?

クライアントの要望に合わせて、
サイトの構成を考えながら、サイトのデザインを構築する役職です。

コーダーとは?

WEBデザイナーがデザイン構築したサイトを、
実際にインターネットで見れるようにHTMLやCSSといった言語を駆使して、
コーディング(プログラムを書く)役割を持った仕事です。




ディレクターの業務

WEBディレクターは、
クライアントとしっかりコミュニケーションを取り、
要件定義を明確化、正しく理解して、
上記で紹介したWEBデザイナーやコーダーといった専門職を活用し、
WEBサイト製作の進行管理を取りまとめるお仕事です。

正しい工数、予算を計算して、
正しく進行管理を行う。

WEBサイトに置ける指揮者のようなポジションになりますね。

WEBディレクターってなんぞや?
と言う方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!