VULFPECKのBa.率いる超絶グルーヴバンド【THE FEARLESS FLYERS】

THE FEARLESS FLYERS

どうも、マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

今回、紹介するアーティストは、THE FEARLESS FLYERSです。

VULFPECKのベーシスト、Joe Dart率いるファンク、ジャズ界を代表するギターリスト、ドラマーを集結したまさに最強のグルーヴバンドを紹介します。

 




THE FEARLESS FLYERS とは?


VULFPECKのベーシスト、Joe Dartが率いるVULFPECKのサイド・プロジェクトのバンド。

VULFPECKのベーシストであるJoe Dart(Ba.)、ジャズドラマーとして知名度の高い、Nate Smith(Dr.)、またギターにCony Wong(Gt.)、Mark Lettieri(Gt.)を加えた4人編成のバンドになります。

VULFPECKのファンの間では有名なJoe Dartの激しく動く首も健在。

メリハリの聴いたシンプルかつタイトなドラム、ハネるように歌うベース、そしてそんなリズム隊のもとで共鳴するギターが生み出すグルーヴが癖になるバンドです。

こんな人にオススメ!

リズム楽器の経験者

ベースやドラムといった、バンド内でいわゆる「リズム隊」を経験したことのある方にオススメのバンドです。

タイトなリズムの中で存在感を放つベースとドラムが人一倍心地よく感じること間違いなし。

ギターのカッティングが好きな人

チャカチャカチャカ…といったギターのカッティング奏法が好きな方にもオススメです。

お洒落でノリの良いギターを楽しむことができるでしょう。



この楽曲がオススメ!

Simon F15

メンバーが綺麗に整列して演奏するユニークなMVも注目の一曲。

存在感のある歌うようなJoe Dartのベースにも注目です。

Flyers Direct

相変わらずのJoe Dartのベースの存在感は言わずもがな、ギターのカッティングが聴いてて気持ちの良い一曲。

各楽器パートの息のあったキメがビシッとハマる感じもなんとも癖になります。

まとめ

ファンクやジャズ好きな方は勿論、楽器経験者(特にリズム隊楽器)はみんな好きなバンドではないでしょうか。

そして、こんなドラムが叩けたら…あんな風にベースを弾けたなら…と思うこと間違いなし。

VULFPECKに興味を持った方は是非、こちらのサイドプロジェクトであるTHE FEARLESS FLYERSも聴いてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!