オーディオ好きはみんな知っている?!「”ドライバーユニット” とは?」

「”ドライバーユニット”って何?」

イヤホンなど、オーディオ機器にハマってくると必ずと言っていいほど耳にするこの言葉。

「実際に聴いてみてよければそんな知識は関係ない!」

そう言い切られてしまえば、そこまでなのですが、
こういった知識を持っていると、もっともっと音楽ライフを充実させられるかも?!

・最近、イヤホンに興味を持ち始めた!
・聞いたことはあるけど、正直、何となくしか分からない…

本記事が、そんなオーディオ好きのためになればと思います!



”ドライバーユニット”とは?

”ドライバーユニット”とは、イヤホンやヘッドホンの音を鳴らす仕組みの部分のこと。
”ドライバー”とも呼ばれてますね。

イヤホン・ヘッドホンの様々な音を作りだすとっても大切な部分で、
スマートフォンやポータブルオーディオプレイヤーなどで再生された音楽信号を、このドライバーユニットで振動に変換することで、
”音”として、耳に届けます。

つまりこの音楽信号を振動に変えて、音として耳に届けるドライバーユニット次第で音質は大きく変わるということ!

このドライバーユニットの知識があるだけで、イヤホン・ヘッドホン選びが少し楽しくなるかも?!



ドライバーユニットの種類

ドライバーユニットの種類は大きく分けて、
「ダイナミック型」「バランスド・アーマチュア型(BA型)」「ハイブリッド」
の三種類になります。

それでは早速、この三種類のドライバーユニットを噛み砕いて行きましょー!

ダイナミック型

構造的に安価での大量生産向きであるため一般的に広く普及しているのが、この”ダイナミック型”のドライバーユニット。

低音の再生に強く、音圧もあるため、ヘッドホン・イヤホン、様々な用途に使用できるのも強みの一つ。
しかしながら、小型化するのが難しい側面もあり、小型化するとこれらの強みが弱まってしまうのが難点。

バランスド・アーマチュア型(BA型)

主にカナル型(耳栓型)と呼ばれるイヤホンに使用されるドライバーユニット。

ダイナミック型と比較すると、その構造上、周波数帯域が狭くなるという弱点は持つものの、
小型化が容易なため、いわゆるイヤホンに向いているドライバーユニットでもあります。

現在では、低域用・中域用・高域用など専用ドライバーに分けることで、
周波数帯域が狭いという欠点を改善したイヤホンが開発されています。

ハイブリッド型

上記の”ダイナミック型”と”バランスド・アーマチュア型”の両方を搭載しているのが、
この”ハイブリット型”のドライバーユニットとなります。

”ダイナミック型”と”バランスド・アーマチュア型”の両方を搭載しているため、
一見、優れているように思えますが(勿論、優れているのですが)、設計の難易度が高いという難点もあります。

【参考】
qudio-technica Headphone Navi
eイヤホン

ドライバーユニットを知ることでより良い音楽ライフを!

”ドライバーユニット”について少しは興味をお持ち頂けましたでしょうか?!

今回はなるべく専門的な言葉は避けて、イヤホン・ヘッドホン選びの際に参考になりそうな部分を抜粋して、
簡潔にまとめてみました。
(あんまり専門的になりすぎると自分も追いつけなくなるので…笑)

この記事をご一読頂いた皆様の音楽ライフをより充実させるため、イヤホン・ヘッドホン選びの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!