ワイヤレスイヤホン迷ったらとりあえずこれ!!【SONY WF-1000X】

マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

 

最近、流行りのワイヤレスイヤホンBlutoothイヤホン

進化を続ける話題の”ワイヤレスイヤホン”。その実力は?!

 

そんなワイヤレスイヤホン界隈でも代表格の一つである『SONY WF-1000X』を紹介したいと思います。

 

「ワイヤレスイヤホンってどれが良いの?」

と迷ったら、とりあえず触れておくべきワイヤレスイヤホンです!



スポンサーリンク



『SONY WF-1000X』とは?

SONY初の完全独立型ワイヤレスイヤホン。

ワイヤレスイヤホンと言えばこんな感じで首掛けタイプのコードがあるものが今までの主流でした。

しかし今では、ここから更にワイヤレスを突き詰めた全くコードを必要としない完全なワイヤレスイヤホン(完全独立型ワイヤレスイヤホン)が登場し、こちらが主流になりつつあります。

完全独立型ワイヤレスイヤホンはこんな感じ。

見ての通り、完全にコードのない仕様になっています。耳に入れるだけ!

※ちなみにこちらが『SONY WF-1000X』になります。

ワイヤレスながら高音質を保つ、ハイコストパフォーマンスな完全独立型ワイヤレスイヤホンです。

バランスの取れたチューニング設定と安定した綺麗な音質が特徴的。また、ボーカルが綺麗に聴こえるタイプのイヤホンでもあります。

従来型の有線のイヤホンに比べ、音質が劣化しがちなワイヤレスイヤホンの中では上位の音質を保っています。

 

『SONY WF-1000X』のここが凄い!

ノイズキャンセリング機能搭載!

周りの音(外音)を軽減してくれる”ノイズキャンセリング機能”を搭載。

周りの音をカットしてくれるので、外出中でも音量を上げることなく快適に音楽を楽しめます。

また、外音取り込みモード(アンビエントサウンドモード)がついているので、

外音が聞こえる状態でいたいときにも対応しています。

状況や用途に合わせてモードを切り替えられるのはとっても便利です!

 

この機能で特にメリットを感じているのは、外音を遮断してくれるので必要以上に音量を上げずに済む点ですね。

Bluetoothで接続しているだけでも通常より充電を消費してしまうのに、音量まで上げたら充電の減り方が大変なことになってしまいますが、

外音を遮断することで必要以上に音量を上げる必要がないので、充電にも耳にも優しい一石二鳥な機能だと感じています!

 

付属のイヤーピースが多い!

耳のサイズや形は人それぞれ。

イヤホンを買ったはいいけど、耳に合わない…耳が痛くなってしまった…。

そんな経験をしたことはありませんか?

僕は結構あります…あれ地味に痛いんですよね…。

 

SONY WF-1000X』 には、耳のサイズや好みに合わせたイヤーピース(よくなくすぷにぷにのやつ)が複数ついているので、

ある程度、個々人の耳に合わせた状態で使用ができます

イヤーピース自体は市販でも複数売られてはいるのですが、あれだけをわざわざ買いに行くのは億劫ですよね…。

そういう意味でも安心して購入できるワイヤレスイヤホンになっています。

僕は、自分の耳の大きさにあったイヤーピースを初めから使用できたので、耳が痛い…なんてことは無く、快適に使い始められました!

 

安心のフィッティングサポーター

完全独立型のワイヤレスイヤホン。

コードを引っかけてしまって感じるストレスから解放されるのは大変魅力的ですが、

どこか心もとない印象を受ける人も少なくないはず。

 

「あれ?これ耳から落ちちゃわないの?」

「簡単になくしてしまいそう…」

こんなことが頭を過った方、安心してください。

実は僕も正直、

「いや待てよ…こんな小さいのそもそも耳にしっかりフィットするのか?」

「ポロっと落としたりしたら、命とりすぎる…多少ストレスでもコードがあった方が安全なのでは…?」

と不安を抱きつつ『SONY WF-1000X』を購入したのですが、全くそんなことはありませんでした!

なんなら、とっても安定しています。

 

その秘密は『フィッティングサポーター』がついているから。

「え?こんなんで安定するの?」

と思う方もいるかもしれませんが、安定するんです。

違和感のない装着感で、装着していて変な感じもしません。

普通のイヤホンを着けている感覚となんら変わりません。




『SONY WF-1000X』のここが惜しい!

人混みが苦手

ワイヤレスイヤホン共通の弱点ではありますが、やはり人混みが苦手。

極度の満員電車などでの使用は音がぶつぎりになってしまうことも。

気にしない人であれば、すごく快適なイヤホンですが、一瞬でも音がぶつ切りになったら嫌だという方には、

ワイヤレスイヤホンの使用はかえってストレスになってしまうかも…。

 

動画視聴時の音声遅延

「ワイヤレスイヤホンで動画も楽しみたい!」

という方には、はっきりいってワイヤレスイヤホンはお勧めしません!!

使用環境にもよりけりですが、あからさまに動画の動きと音声にズレが生じるものだと思ってください。

こればかりは技術の進歩を待つしかないですね…。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションが少ないですね。

個性を出したい人には少し物足りないかも。

現在販売されているカラーは”ブラック”と”シャンパンゴールド”の二色。

使い勝手のいいカラーではありますが…うーん、他の色も欲しい…!!

 

重低音のパンチ

こちらもワイヤレスイヤホン共通の課題ではないでしょうか。

有線のイヤホンに比べると重低音が弱いです。

ガツン!とくる重低音がお好みの場合は、あんまりお勧めできないです。

 

バッテリーの持ち時間

連続再生の持続時間は約3時間。

毎日充電が必須です。

「毎回充電するのはめんどくさい…。」

という方にはお勧めできません。

過度にこのイヤホンに依存してしまうと、うっかり充電を忘れてしまった!なんて時にはなんとも言えない絶望感が…。

ちなみに僕はよくこれをやってしまうので、コードのイヤホンも持ち歩くようにしています(笑)。

 

まとめ

「ワイヤレスイヤホンの購入を検討しているけど、どれを買えばいいか分からない…。」

そんな方にお勧めのワイヤレスイヤホンです。

”迷ったらとりあえずこれ!”という一品です!

ワイヤレスの便利さは大変魅力的ですが、ワイヤレスならではの不便さもあります。

どちらがストレスに感じてしまうのか、或いはどちらの方がより快適に音楽ライフを過ごせるのか…

しっかり考えて、

「自分に合うのは、ワイヤレスイヤホンだ!」

という方にはお試しいただく価値があります。

 

コードのストレスなく、質の良い音楽を楽しめる音楽ライフはとっても快適です!

是非、ワイヤレスイヤホンの世界に手を出して、このSONY WF-1000Xを手に取ってみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!