チケット転売って実際どうなの?!

マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

音楽活動に置いて、主軸となるライブ活動に常に付きまとう問題が、
チケット転売の問題。

この問題については、悪とする意見が目立つものの、
実際のところは買い手が絶えずおり、需要と供給が成立してしまっているのが現状です。

ELLEGARDENの復活に歓喜の声が上がる中、
復活後、最初のツアーライブのチケットが60万円で転売されるなど改めて浮き彫りになったこの問題について、考えていきます。

スポンサーリンク



チケット転売とは?

チケット転売とは、読んで字の如く、
ライブや舞台のチケットを転売することを言います。

チケット転売には大きく分けて、2パターンあります。

都合が合わなくなりチケット転売をするパターン

大好きなアーティストのライブのチケットに当選!
楽しみにしていたものの急な仕事が入り、ライブに行けないことに…

こんな時に考えるのが、

「チケットを無駄にしたくない…」

「大好きなアーティストのライブに空席を作りたくない…」

…ということ。

そんな時に、チケットを友達や不特定多数に譲渡したり、転売したりするパターンです。

最初から転売目的でチケットを購入するパターン

ダフ屋と呼ばれる、営利目的で転売前提でチケットを購入し、
チケットを購入できなかった人たちに、割高な値段でチケットを転売するパターンです。

主に悪とされるチケット転売はこれに当たります。



チケット転売は善なの?悪なの?

結論から言います。
圧倒的、悪です。

と言いますのも、そもそも法律的に営利目的のこういった転売は完全にアウトなんです。

大好きなアーティストのライブに空席を作りたくないという気持ちは一つ、ファンの心理です。

この考え方は悪いとは一切思いません。
(むしろ、とってもわかります…!!)

なので、行ける予定だったライブに行けなくなってしまったという前提で、
譲渡であったり、チケット購入金額と同額内での転売であれば、セーフ。

しかし、転売目的のダフ屋的活動は完全にアウトです!!

需要と供給が成り立ってるからいいじゃない

「需要と供給が成り立ってるなら、別にいいなじゃない?」

こんな意見を耳にすることもあります。
個人的にはこれ、ごもっともだと思ってます。

売りたい人がいて、買いたい人が居る。
うん、それなら、別にいいんじゃね?ってのは、普通に正論だと思います。

が!

前述にもある通り、そもそも法律的にアウトです。
需要と共有が成り立っても、それは法律の範囲内での話。

それに、元を辿れば、
定価でチケットを購入できた可能性のある人たちが、
大金払ってチケットを手に入れなきゃ行けなくなる環境は、
業界から見ても、アーティスト自身から見ても、
はたまた、ファンから見ても、気持ちの良いものではありませんよね?

チケット転売がやむを得ない場面があるのはわかります。

ならばせめて、営利目的でないルールの範囲内で!!

チケット転売と戦う業界!!

顔写真付きの本人確認書類の定時の義務化など、
チケット転売対策に業界は動いています。

そんな中、現状、もっとも有力とされて力を入れているのが、
電子チケット

転売対策に動いている電子チケットを代表で2つご紹介します!

スマチケ

運営側で、譲渡の可否を事前に設定できます。
入場時にスマホ内での作業が必要となるため、
スクリーンショット対策も万全な電子チケットです。

詳細はこちら

SKIYAKI TICKET

SMS認証を採用しているので、譲渡するにはケータイ丸ごと譲渡する必要が出てきます。
急な予定のために、譲渡したい場合もこの電子チケット内で完結できます。

入場にはQRコードを使用するのですが、
このQRコードは30秒毎に別のものに切り替わります。

つまり、スクリーンショットでの転売対策も万全。

ルールの範囲内での二次流通システムも整備されているので、
今後、じわじわと一般化していくのではないでしょうか?!

詳細はこちら

電子チケット反対派!

「電子チケットはアナログな私たちには優しくない!」

そんな意見も耳にすることもあります。

難しい人には難しいのも理解はできますが、
チケット転売を悪と主張する側なのであれば、
こういった取り組みに対し、
自分もやってみる、合わせる努力をすることも大切だと思います。

悪質なチケット転売を無くすためにも、
買い手も一緒に頑張って行きましょう!!

悪質な転売チケットは買わない!

ここまで、つらつらと色々書き連ねてきましたが、
悪質なチケット転売の一番の対策は、

転売チケットを買わない!

ことです。

需要と供給が成り立ってしまっているから、
供給側が存在し続けてします!!

大金を出してでも、好きなアーティストのライブに行きたい気持ちは凄くよくわかります!

しかしながら、その行為は業界もアーティストも、そのライブも
どんどん首を絞めていくことに繋がります。

せっかくの楽しいライブ、
細かいルールできちきちに固められず、ある程度気楽に楽しみたいじゃないですか。

自分で自分の首を絞めかねない、悪質なチケット転売。

ライブに行きたい気持ちを少しこらえて、
悪質な転売チケットの購入は控えましょう!!

クリーンで素敵なライブを楽しみましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!