北の大地が生んだ素朴で真っ直ぐな言葉が紡ぐメロディ【ズーカラデル】

マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

技巧派のイカしたバンドも最高ですが、
時にはシンプルで真っ直ぐな歌も悪くありません。

そんなシンプルな歌は時に、
すっと心を救ってくれることもしばしば。

今回は、そんなシンプルかつストレートな優しい詞を奏でるバンド”ズーカラデル”を紹介します。


スポンサーリンク



”ズーカラデル” とは?

北海道・札幌発のスリーピースロックバンド。

2017年9月に発表された自主制作盤のミニアルバム『リブ・フォーエバー』は瞬く間に注目を浴び、
自主制作盤とは思えないほど脚光を浴びることとなりました。

また同ミニアルバムの収録曲『アニー』もとてつもない反響を呼び、
瞬く間に再生回数は45万回を超えました…!

音楽好きを唸らせ次々と虜にしていく、今、注目のバンドです!

”ズーカラデル” のメンバー

Vo.&Gt. / 吉田崇展
ズーカラデルのヴォーカル&ギター担当。
真っ直ぐな気取らない歌声で歌われる同じく飾らない言葉がすっと心に刺さります。

Ba. / 鷲見こうた
ズーカラデルのベース担当。
他のバンドのサポートベーシストとしての活動もこなす。
バンドカラーからは想像できないが、Slipknotも聴くらしい…。

Dr. / 山岸りょう
ズーカラデルのドラム担当。
2017年3月6日に同バンドへの正式加入が発表されました。



ズーカラデルのこらからに注目!

凄まじい勢いでその知名度を広げる”ズーカラデル”。

その勢いは、知名度の広がり方や、YouTubeでの再生回数にとどまることなく、
2018年5月3日には、ミニアルバム『リブ・フォーエバー』が自主制作盤であるにも関わらず、TOWER RECORDSにて全国展開されることに!

ストレス社会なんて言葉が囁かれる昨今。
そんな時代だからこそ、彼らの言葉がここまで不思議の心に響くのでしょうか。

社会生活に疲れてしまったそこのあなたに是非、聴いてほしいバンドの一つです!
ズーカラデルをまだ知らなかった方は、ぜひ、ご一聴あれ!

【ズーカラデル】
Twitter → @gooutzoo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!