お金は付いてくるものだと信じたい話。

どうも、マスミ・メガネ(@masumi_megane)です。

世間はお盆休み真っ只中かと思いますが、
私は今日が夏季休業明け初日の出勤でした。

いつぞやの10連休で休み過ぎもしんどいなと思って、
程よく五連休を取得したつもりだったわけですが、これはこれで物足りない。。
(もう少し休みたかったな…)

まあ、そんな話はさておき、
表題の件、触れてきましょ。

スポンサーリンク


仕事に対する考え方

突然ですが、仕事ってのは何かしらの価値提供をして、
それの対価をお金と言う形でいただく…そんなものだと自分は考えてます。

一見、お金にならなそうなお仕事でも、
しっかりと価値を生み出し、提供し続けていれば自ずとお金は付いてくるものだと。。

そうであると思っているし、
そうであって欲しいとも思ってます。

こんな考え方はもしかしたら、ただの若気の至かもしれないし、
もっと現実を見ろ!なんて大きい大人に言われてしまいそうですが、
この考え方は信じていきたいし、貫いて行きたいです。

これについては自分がブレてしまうのが一番アウト!だと思ってます。

そんな中生まれてしまった疑問

そんなことを言いつつも、実際のところ自分がブレてしまいそうで怖いです。

会社に言われることは予算、予算、予算…

WEBサイトを作っては次のWEBサイトを作る…そんな繰り返しに疑問を持ち始めてます。

本当は一つのWEBサイトをもっと最大化できるのに、
それをする間もなく次のWEBサイトを作る。

サイトを作れば作るほど、もちろん、お金は入りますが、
これは本当にクライアント様のための価値を生み出していると言えるのだろうか。

そんな疑問が常に自分の中にあるわけです。

ビジネスだからお金は大事。
大事だけど、この対価は本当に対価として相応しいのか、そう考えるとどうにも自分には手抜きして貰った偽りの対価のように感じてしまうわけでして…

非常に難しいな…そんな気持ちな今日この頃です。



技術や能力の問題なの?

そんな一方で単に自分の能力の問題なんじゃないか…そんな考えも頭をよぎります。

最大限の価値提供を効率よくできていないだけで、その結果として自分でその中途半端な気持ちを生み出している。

全くこれが0じゃないとは思いませんが、
正直、これは頭を過ぎりつつもどうにもそうではない気持ちもあります。

そんなこんなで結局のところ…

まあ、何が言いたいのかって言うと、単に愚痴です。

ビジネスモデルや戦略ってのは時代の流れで変動するものですが、
大元のブレちゃいけない芯みたいなものは必ずあるよねって話で。。

それが自分の場合は、この価値提供の考え方。
一方でそうでない予算先行型の今の社内の現状がちょっとしっくりきていない…そんなお話でした。

いろんな会社さんがあると思うけど、他はどうなんだろ。。

社会人3年目、まだまだ働くことの難しさの中でもがいてるなーって感じ。。
以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自称ファッションベーシスト。普段はweb系のお仕事、時々、副業的なそれも。 12歳で自分はメディアに関わる仕事に就くんだと決心。着々と予定通りの高校、大学と進学するも新卒入社後、「しまった!これじゃねえ…!!」と長期計画的に道を踏み外しました!!ブログ勉強中。フォロー大歓迎!