音楽を考察するBLOG

素敵な音楽生活に”+α”を提供するブログです。

あなたはどっち派? ”有線” vs ”Bluetooth” ②

有線無線、どっちで音楽を聴くのが良いの?

 

 

ということで、

 

 

あなたはどっち派?

”有線” vs ”Bluetooth” 第二弾でございます。

 

 

第一弾の記事も併せてお読みいただけると幸いです。

 

 

 

 

では早速、今回は”有線”編になります。

 

 

 

目次

有線のイヤホン、ヘッドホンとは?

 有線のメリット

音源データのロスが小さい

無線に比べ、音源データのロスが少ないです。つまり、Bluetoothに比べて、値段の割には音質良く音楽を楽しむことができます。

種類が多い

所謂、従来型、既存の試聴方法になりますので、Bluetooth機種よりも種類もカラーバリエーションも豊富です。Bluetooth機器も増加の傾向にあるので、時間の問題だとは思いますが…。

なんかかっこいいい

コードをだらっとぶら下げて音楽を聴いている様はどことなくカッコいいですよね…(僕だけ?)。Bluetooth機器の場合は、どことなくその姿に違和感を感じがちです。まだまだ浸透しきっていないので当然といえば、当然ですが…。

 

有線のデメリット

断線が多い

何かとすぐ壊れす。何かとひっかけてしまって壊しがちです。管理の仕方も以外と徹底されてない方が多い気がします。気づいたときには手遅れ…イヤホンがない…つらい…なんて経験をしたことはありませんか?この点、Blueoothはそもそもコードがないので安心でです。断線という概念とはおさらばです。

何かと引っかかる

上記にあります、断線の理由の一つですね。

しゃがんで立ち上がった時に膝にひっかけてしまって、耳からイヤホンがすっぽぬけてしまい、「ウオっ!」ってなったことありませんか?

やたらドアノブに引っかかって、ドアを閉めるときに「うおっ!」ってなったことはありませんか?

地味にストレスですよね…不注意といえばそうなんですが…。

コードが長すぎる

中にはコードの長さを調整できるものもありますが、コード巻取り部分が妙にダサく感じてしまって、そういったものは避けがちな人も少なくないはず。

そんなこんなで「お!これいいじゃん!」ってイヤホンを買ってみるとだらーんと垂れ下がるコード。まあ、それがカッコ良くもあったりはするのですが、何かと不便なことが多いですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここまで、ざっくり(しすぎ)と紹介させていただきました。

 

結局、どっちがいいの?という話ですが、好みですね、はい←

 

 

個人的には、

 

・極限まで音質にこだわるなら、有線。

・ストレスフリーに音楽を聴きたいなら、Bluetooth。

 

だと思っております。

 

 

 

 

 

イヤホンとヘッドホンで変わってくる云々という話は一回置いといて、

 

経験上、好みもあるとは思いますが、約20,000円のBluutoothヘッドホンよりも、約7,000円のイヤホンの方が音質良く感じました。

 

 

Bluetoothイヤホン、ヘッドホンも使ってみるとなかなか面白いので、少しでも興味を持ったら試聴してみてください!